口臭の原因は口内だけでなく、胃の不調やストレスなど様々です

 

口臭の原因で一番に思い付くのは、虫歯や歯周病などの、歯や歯茎に何らかの異常があることや、歯磨き不足による歯垢や歯石、さらには口内炎やタバコなどのヤニが挙げられます。

こうした口内環境の異常であれば、毎日の歯磨きを忘れないことや歯医者に相談することなどである程度改善可能ですが、口臭の原因が口内ではない場合は、また違った対策が必要となってきます。

たとえば、胃の不調や腸に溜まった老廃物によるもの、あるいは日々のストレスも原因になることがあります。

こうした原因の口臭で厄介なのは、歯磨きは毎日欠かさず行っており、また社会人としてこまめなブレスケアも行っている、そして虫歯や歯周病なども無いために、口臭に気付くことが遅れてしまうということです。

 

 

胃腸を整えて口臭を改善することもできる

ただえさえ口の臭いは自分で気が付きにいものであり、また他人など周りが指摘しにくいものであるため、それが知らないうちに長い間続いているとなると非常に恐ろしいです。

したがって、たとえ日頃から口内の環境には気を配っていても、こまめに口の臭いはチェックするようにし、特に忙しくて疲れやストレスが溜まっている場合や、少しでも胃の不調が感じられる場合などには、意識を強めるようにしましょう。

口内が原因ではない口臭の場合には、サプリを用いて改善させる方法があります。

サプリに含まれる良い香りが直接口臭に作用するものもあれば、サプリに含まれる様々な成分が胃や腸の環境を整えることによって、体内から臭いを改善させるものなど、様々なものが存在します。

自分に適したサプリを選ぶことにより、体内から効率的に改善させることが可能になるでしょう。

http://tangletownartcrawl.org/が参考になりました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!